So-net無料ブログ作成

【レポート記事】NTTのひかり電話も減少の時代か? [日記・雑記]

記事作成日:2016年02月06日(土)


NTT東日本・西日本(以下、NTT東西)が提供している「ひかり電話」。

NTT東西のフレッツ光回線契約者のみに提供され、従来の固定電話(加入電話)に替わるサービスとして展開されています。

ひかり電話がフレッツ光契約必須なのは、加入電話のような電話交換機式ではなくフレッツ光網(NTTの光ファイバー網)を使用するためです。

フレッツ光に加入の際、加入電話と同番号で移行可能で、かつ基本料金や通話料金も従来より大幅に安く抑えられることから契約者数を伸ばしてきました。

基本料金比較
 加入電話・・・1700円(住宅用)~
 ひかり電話・・・500円(基本プラン)~


加入電話は距離に応じて通話料金が高くなりますが、ひかり電話は日本国内の固定電話(この記事では、ひかり電話と加入電話合わせて固定電話とします)であれば一律3分8円で通話できます。

海外通話も安い料金で実現し、例えばアメリカへは1分9円で通話できます。

しかし家族間が同じ携帯電話会社で、かつファミリー割引を組んでいる場合は通話料が無料になるため、フレッツ光加入の段階で携帯電話に一本化する人もいます。

さらに近年ではスマートフォン向けの無料通話アプリが発達し、海外通話も無料化が実現しました。

携帯電話各社も国内の定額通話プランを導入したため、ひかり電話を活用する機会も少なくなりました。

いくら加入電話より安い料金でも、使う機会がなければ契約する意味がないですからね。

加入電話はもちろん、今後はひかり電話も年々ユーザー数が減少して厳しくなっていくと思います。

人口減少社会の影響も受けます。

固定電話の番号をそのまま携帯電話に持たせ、移動型の固定電話のようにする構想を聞いたことがあるのですが、今後のNTTのサービス展開が気になるところです。

◆ おことわり ◆
* 上記内容は当ブログ記事公開日時点の話で、今後の社会情勢や新技術・新サービスの展開で状況が大きく変わる場合があります。

* 当ブログ記事に関連して、読者様に発生したいかなる損害についてもその責任を負いません。


楽天で探す
楽天市場



当ブログ記事はここまで。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【注意喚起】Windows8のサポートが終了 [日記・雑記]

記事作成日:2016年01月14日(木)


Windows8のサポートが2016年1月13日(水)をもって終了しました。

サポート終了に伴って、Windows Update自体が利用できなくなりますので、バグやセキュリティ修正プログラムが提供されなくなります。

また、今後の新サービスや新規格のハードウェア・ソフトウェアへの対応化プログラムも提供されません。


OS自体が利用できなくなるわけではないので、パソコンが起動しなくなることはありませんし、インターネットも引き続き利用できます。

しかし、全く無防備な状態でパソコンを使い続けることになります。

インターネットを使わず、ワードやエクセルなどオフラインでできる作業のみという場合を除き、引き続きWindows8を使うのは非常に危険です。


パソコンに詳しい人ならよく理解されていると思いますが、多くの方がこの報道を見て誤解・混乱されています。

Windows8のサポートが終了ということは、最新版のOSであるWindows10に乗り換えないといけないのか?

Windows8より古いWindows VistaやWindows7を使っている人はどうなるのか?


こう思う人も少なくないはずです。

結論から言うと、Windows VistaやWindows7はメインのサポートは既に終了していますが、延長サポートの期間がまだ残っているため、今後も引き続いて利用可能です。

延長サポート期間
Windows Vista:2017年4月11日まで
Windows7:2020年1月14日まで


ではどうしてWindows8のみがサポート終了なのか?

Windows8は2012年10月の登場から約1年後、ユーザーの意見などを反映させた改良版の提供を開始しました。

このとき、従来のOSのようにサービスパックという名称にはせず、Windows8.1という名称になりました。

新しいOSではないですが、Windows8よりは1歩進んだOSですよ!という意味があるのでしょうかね。

以降、Windows8.1としてWindows8とは別OSのような位置付けとなりました。

Windows8をインストールしているユーザーであれば、無償で8.1にアップグレード可能です。

今回、サポート終了となったのはWindows8のユーザーのみで、Windows8.1のユーザーは引き続きサポートが継続されます。

ですので、Windows8のまま利用しているユーザーはWindows8.1へ無償アップグレードすることにより、引き続きマイクロソフトの公式サポートが受けられるようになります。


Windows8.1のサポート期間
メインストリームサポート:2018年1月9日まで
延長サポート:2023年1月10日まで


既にWindows8.1へアップグレード済みのユーザーは全く関係のない話なので無視して大丈夫です。

ちなみにWindows8.1の登場から半年後、さらに大型アップデートが実施され、Windows8.1 Updateという名称で提供が開始されました。

現在、Windows8.1 UpdateがWindows8シリーズの最新版になります。

話が長くなりましたが、Windows8を使っている方はWindows8.1にアップグレードすれば引き続き利用可能ということ。

Windows8のバージョンを確認するには
「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」

または

デスクトップ画面→右下にマウスカーソル→歯車マークの「設定」→「PC情報」

以上の方法で確認できますので、まずはその手法でご自身のバージョンをご確認ください。

Windows8.1にアップグレードできていない人はWindowsストアで無料提供されていますので、Windowsストアからダウンロードしてインストールしてみてください。


◆ おことわり ◆
* 上記情報は当ブログ記事公開日時点の情報で、今後業者の都合で変更される場合がありますので、必ず公式発表されている情報もご覧ください。

* 当ブログ記事に関連して、読者様に発生したいかなる損害についてもその責任を負いません。


楽天で探す
楽天市場



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。